99のパンティをプロファイルした『パンティオロジー/秋山あい』おもかわいい♡ウフフな書籍

99のパンティをプロファイルした『パンティオロジー/秋山あい』おもかわいい♡ウフフな書籍

よく行くバーの店主のクチコミで1Clickした書籍「パンティオロジー」。著者の秋山あいさんとバーの店主が友達なんだそう。ランジェリーと書かずにパンティと表現するところが気になって―、ついamazonでポチリ、届いた。過去に 国内外のランジェリーを扱うキャリア女性に聞いたこんな話を前談に読むと、もっとおもしろいかも!それは… フランス人と日本人のランジェリーに対する意識の違い 。

世界一ランジェリーに投資するのは〇 〇 人

ヨーロッパの中でもフランスは、ランジェリーブランド大国。世界で一番ランジェリーにお金を掛けるのはフランス人女性だそう。そしてフランス人女性が、ランジェリーに求めるもの、それはセンシュアリティ(官能的)。セクシーというよりも、センシュアリティなんだと彼女はいうの。誰かのためにランジェリーを着用するのではなく、私のために美しく、柔らかく上質なランジェリーを日常的に身に着ける。スペシャルな日だけでなく、デイリーに使ってこそ内から輝く美がある!と考えるフランス人に対して日本人女性はどうかな…と思ったの。

フランスには及ばずもランジェリーの選択肢は増えている日本。働く女性をサポートするのは、TPOにあわせたランジェリー(インナーウェア)。おしゃれや身だしなみを気遣うならランジェリーやインナーウェア選びからです!と、教えてもらったことを加味してこの書を読んでみて。

パンティ・プロファイル

この書はバラエティに富んだ国籍・年齢・職業の33人の「セクシー」、「リラックス」、「お気に入り」の3枚のパンティをイラストにして著者がその持ち主の赤裸々な本音を聞き出し、出身地やパートナーの有無などのデータと共にファイリングしたもの。フランス人と日本人だけではなくグローバルな違いもわかる。

わがままだったり、けなげだったり、はき心地を追求したり。見えないところだからこそのこだわりや、十人十色の楽しみ方をチラ見できるっておもしろい。パンティには哲学が宿るという著者に納得した1冊。

美しく表現した99枚のパンティ画に惹かれながらパンティ・プロファイルを読み進むことができる、おもかわいい♡ウフフな書籍でした。

『パンティオロジー/秋山あい』はamazonで購入できます。