Apple TV + AirPlay ミラーリング⇒コネクテッドTV

Apple TV + AirPlay ミラーリング⇒コネクテッドTV

ビジネスツール

Apple TV+(apple.comより)

Apple TV + AirPlay を使っているの。これが、おそらく2020年以降のオンライン動画広告のターゲットになっていく予感がするって話。

キャスト/ミラーリングって?

キャストするとかミラーリングするを簡単に説明すると。たとえば、外出中にスマホやタブレットのモバイル端末で再生中の動画や音楽をリビングのTVをインターネットに接続して続きを視聴するなど、その方法のこと。キャストもミラーリングもなしにインターネット接続をして大画面で視聴することはスマートTVやコネクテッドTVといいます。

海外ドラマの1シーンで常用さえているのを見かけているはず。それには、Apple TVやChromeCastのようなツールを導入するのが簡単。私はApple TVを使ってる。

どうやって?

iPhoneのAirDrop機能のようにスマホの画面下からフリックしてメニューを表示、画面ミラーリングAppleTVを選択して接続するだけ。だからWifi環境、テザリング環境などのインターネット接続環境は必須。

映画やネット動画、音楽(ミュージックビデオ)を自宅で大画面に映し出してスマホで操作できる。カップルやファミリーで容易にコンテンツを共有できるというワケ。 さらにはスマホがApple TVのコントローラにも。 もっと詳しいHow toはAppleでチェックして。

いま時代はコネクテッドTV

そう、いまインターネットに接続しているテレビでオンライン動画を視聴するユーザーをターゲティングできる時代になった。米国ではぐんぐんニーズが高まっているもよう。次は日本も!ってのがこの話。

Apple TVは2019年9月からApple TV+の提供を開始。いよいよコネクテッドTVの時代がくる。

Apple TV( www.apple.com/jp/tv/